六曜の友引のお見舞いについて

スポンサーリンク

皆さんは、カレンダーや手帳に記載してある「大安」、「仏滅」などを気にして生活をしているでしょうか。
私たちの生活に根付いている六曜には、「先勝」・「友引」・「先負」・「仏滅」・「大安」・「赤口」の6つがあります。
一般的に結婚式などのおめでたいことは「大安」にとり行い、事故を起こしてしまったり何か良くないことが起こると「仏滅」だったからと言われたりします。
「友引」のお見舞いはやめた方がいいとも言われます。
六曜とは、もともと中国で生まれた占いの一種です。
旧暦では月日により六曜が決まっていましたが、新暦では規則正しく並んでいたものが、突然崩れたりするため、同じ日にちでも月により、年により異なってきます。

スポンサーリンク

 

では、「友引」の日にお見舞いに行くのは、本当に避けた方がよいのでしょうか。
答えは「ノー」です。
「友を引く」という語呂合わせから、故人が友人を連れて行くとして葬儀を避ける場合はありますが、お見舞いの場合は意識する必要はありません。
老若男女を問わずに広まっているのが「六曜」占いであり、信じる信じないは個人の選択の自由としても、これは迷信です。
あくまで占いのため、科学的な根拠もありません。
昔からの慣例により、何となくその慣習に従っているというのが実情です。
ですから、お見舞いには入院患者・見舞う側の双方の都合の良い日を選んでいく方が、入院患者への負担も少なくなります。
ただし、年配の方などは六曜を非常に気にする方もいらっしゃるため、都合がつかずに「友引」のお見舞いになってしまった場合は、一言説明をしたほうがよいでしょう。

スポンサーリンク