お見舞い返しにお礼の気持ちを込めやすい商品券

スポンサーリンク

お見舞い返しとは、入院をした際にお見舞いを頂いた方々へ快気祝いの報告とお見舞いを頂いたことのお礼の意味合いを込めて贈るものです。
忙しい合間をぬって時間を見つけてお見舞いに来てくれた方や退院後に自宅まで顔を見に来てくれた方など様々です。
お見舞い返しは、感謝の気持ちを込めて選びたいものですが、退院してすぐに準備をする必要はありません。
ある程度、自宅の暮らしや仕事に慣れてからでも充分です。
あまり、退院直後に返すようにすると先方が返って気遣いをさせたと感じることもあります。
そのため、概ね退院してからひと月程度でお返しの品物を選んで、自宅へ届けたり配送したりできるように準備をしていく腹積もりをしておけば大丈夫です。

スポンサーリンク

 

お見舞い返しでも、様々な商品がありますが人気があるのが商品券です。
概ね、お見舞い返しは頂いた金額の半額を返すのがマナーです。
従って、たくさんの方から頂いた場合に金額に寄って商品を違う金額のものを選ぶ必要があります。
商品券であれば、500円、1000円などの額面があるので購入する際にもスムーズになります。
しかも、やはりお見舞いをくれた人も不要なものをお見舞い返しでもらうよりも、お金の代わりとして使える商品券ならば、もらって嬉しいものになります。
それから、商品券であればお返しの金額が明確に分かるので誠意のある対応をしているのが先方にも伝わりやすくなります。
肝心なのは、先方への感謝の気持ちを込めたお礼の意味合いと退院して回復しているという報告を心を込めて贈ることですので、商品券ならばその意味合いを込めやすいため選んで間違いがありません。

スポンサーリンク