お見舞金を入れる封筒の書き方について

スポンサーリンク

 お見舞金を入れる封筒には、祝儀袋か白色の無地封筒を使用します。
または、左側に赤い線の入ったお見舞い用の袋も存在しています。
病気見舞いの時には、祝儀袋は、紅白の結び切りを使います。
水引や蝶結びの祝儀袋は、失礼にあたりますので、間違わないようにしましょう。
結び切りには、「もうこんなことはこれっきりで終わり」という意味が込められています。
 封筒の表の書き方については、上側には「御見舞い」や「祈御回復」と書き、下側には自分の名前をフルネームで書きます。
表書きは、正式には筆で書きますが、濃い墨(黒)で楷書で書くのがマナーとなります。
また、中袋がある際の書き方については、金額を中袋の表に、漢数字で書くようにします。

スポンサーリンク

 

 お見舞金を入れる時のマナーについては、まず、お金の向きはすべて合わせるようにします。
これは、お見舞金を受け取った相手が、気持ちよく受け取れるための配慮となります。
次に、お金は表向きにして入れます。
裏向きにして入れるのは、お葬式などの香典の時となりますので注意しましょう。
 また、入れる紙幣は、新札を使用します。
出産祝いの慶事などでは、楽しみにして準備していたことを表現するために、新札を入れるのがマナーとなります。
病気見舞いは慶事ではありませんが、新札あるいはきれいめのお札を使用するというのが、マナーとなっています。
入院見舞金の相場については、家族や親せきなど親しい間柄の場合には、1万円程度が相場であり、友人の場合には5千円程度、職場関係の人の場合には、3千円程度が相場となります。

スポンサーリンク