お見舞いの際に使用する封筒の包み方

スポンサーリンク

親戚や友人、知人に入院や災害などの出来事があった場合にお見舞いにいくことがありますが、その際にはお見舞い金を渡すのが一般的です。
しかしながらその時に使用する封筒には包み方をはじめ、いくつか注意すべきポイントがあります。
そこでここではお見舞いの際に使用する封筒に関してのマナーを紹介します。
ではまず病気見舞いの場合から紹介します。
入院の際には何かとお金がかかるため、お見舞い金を渡すと相手への配慮が感じられて好印象に取られます。
ではそのときにどのような包み方をしたら良いかというと、白無地の封筒もしくは左側に赤い線の入ったものを使用します。
表書きには「御見舞」と書き、繰り返すことがないことを祈って、紅白の結び切りにします。

スポンサーリンク

 

次に、災害や出火見舞いの場合ですが、このときは白い封筒か半紙、奉書紙にお金を包み、表書きに「御見舞」と書きます。
のしや水引は使用しません。
もしよその家事に巻きこまれた場合であれば「類焼御見舞」と書くのが良いでしょう。
最後に楽屋見舞いや陣中見舞いの場合ですが、この場合は一般的にはお菓子や花束などを贈ることが多いです。
しかしながらもしお金を送る際には紅白の蝶結びの水引にのしをつけたものを使用します。
ここで紹介したように、お見舞いの際に使用する封筒や包み方は、例えば病気や災害などのときには地味にするなど時と場合によって異なります。
相手の気分を害してしまうことのないように、最低限のマナーを知っておくことが大切です。

スポンサーリンク