お見舞いの基本的なマナーについて

スポンサーリンク

親戚や友人、知人が怪我や病気で入院した際にお見舞いに行くことがあります。
その際には相手の病状や心情、さらには病院という場所を考えていくつか注意すべきマナーがあります。
そこでここではお見舞いの際の基本的なマナーをいくつか紹介します。
まず1つ目は服装についてです。
お見舞いに行く時にはあまり派手な格好は避けなければなりません。
だからといって逆に黒い服装にしてしまうと喪服をイメージさせてしまうため失礼となってしまいます。
落ち着いた色合いのものを選び、また香りの強い香水は避けるようにします。
2つ目が人数に関してです。
大人数で面会に行くと相手を疲れさせてしまうだけでなく、他の患者さんへの迷惑にもなります。
面会の際には1人で、多くても3人程度が望ましいでしょう。
また小さい子供を連れて行くと院内で騒いだときに迷惑となるのでなるべく控えるのが良いでしょう。

スポンサーリンク

 

3つ目が会話の内容についてです。
よほど親しい関係でない限りは症状について詳しく聞いたり、「痩せた」「顔色がよくない」などの相手を不安にさせるような言葉は口にしないようにします。
さらに頑張ってなどの無理な励ましや、仕事についての話など相手のプレッシャーになるような会話も避けるべきでしょう。
相手の気分が明るくなるような当たり障りの無い会話を心がけることが必要です。
ここで紹介したようにお見舞いの際には時と場所にあった行動が求められます。
今回紹介したマナーはあくまでも基本なので、もしお見舞いに行く際には相手の気持ちを最優先し、患者さんへはもちろんのこと、介護するご家族などへも失礼の無いように心がけることが大切です。

スポンサーリンク