会社関係の方へのお見舞い金額の相場について

スポンサーリンク

 病気や怪我によって会社関係の方が入院された場合のお見舞い金額について説明いたします。
会社関係では、仕事上での付き合いだけであることも多いのでお見舞いに関しては礼儀やマナー、一般的な常識に気をつけることが重要となってきます。
さらにお見舞い金を渡すことに関して、自分よりも年上の方に対して行うのは失礼に当たることがありますので控えた方がよい場合もあります。
 一般的なお見舞い金額の相場は一人3千円とされています。
また、同じ職場の人が入院した場合にはまずその会社の慣例に従うことが基本です。
会社によってはお見舞いに関する決まりごとがある場合があります。
個人ですぐにお見舞いに行くのではなく、職場の上司や同僚とよく相談して事前に相場を把握することが大切です。

スポンサーリンク

 

 同じ職場の上司や同僚が入院した場合には多くは一人当り3千円ですが、上司と同僚では差を付けて5千円や1万円を包む場合もあります。
お見舞いには多数で行くのは入院中の方や同じ病室の方への負担となるため、お金は取りまとめて1人か2人が代表して行くのがよいでしょう。
 取引先の人が入院した場合においても個人で勝手に行くのはビジネスマナーに反することがあります。
お見舞いに関しては上司に伺うこと、入院中の状態などもよく考慮した上で決めることが重要です。
実際にお見舞いに伺う際には入院中の方と同程度か目上となる上司と一緒に行くことがビジネスにおける決まりとなっています。
 この他にもお見舞い金に関しては4、6、9といった不吉な言葉を連想させる数字を避けるという風習があります。
複数人でお金を集めた合計金額がこれらの数字とならないよう注意が必要です。

スポンサーリンク