親戚へのお見舞いの金額の相場

スポンサーリンク

親戚で何かお見舞いをする事態が起こった時には、ある程度の目安となる相場を知った上で包むのがマナーです。
特に高齢化になっている現在では、身内でも入院や手術をする人が度々いたり、何回も入院をする人がいたりと言う話も珍しくありません。
そのためにお見舞いをする時には、親戚づきあいの程度や血縁によって相応の金額を考えなければなりません。
具体的には、10000円からが妥当とされていますが、5000円であってもいけないわけではありません。
身内であってもあまり付き合いが少ない場合には、5000円でも差し支えありません。
逆に、お世話になって来た伯父、伯母という関係や義理の母親という関係など、真心を金額に反映したい場合には、20000円包んでも問題ありません。

スポンサーリンク

 

そう言った金額をお見舞いで包む場合には、する方もされる方もこれまでにお世話になって来た経緯があるので、意図することは通じるものです。
20000円をお見舞いで包んだ場合には、やはり少なくとも半額はお返しとしてそれ相応の品物もしくは商品券を選ぶようにしましょう。
それが親戚づきあいだからです。
あまりに入院を繰り返す場合には、先方がお見舞いを辞退する場合ももちろんあります。
度重なる入院の度にいただくのは申し訳ないと言う気持ちの表れですので、そのような場合には、顔を見るだけでも見舞いの気持ちになり先方も返ってその方が気を遣わなくて済むことになります。
このように、一般的に親戚が入院した時の金額の相場を知った上で、付き合いの深さやお世話になって来た経緯から上乗せしても差支えないことを知っておきましょう。

スポンサーリンク