お見舞い金の金額や封筒に関するマナー

スポンサーリンク

病気や怪我で親戚や友人、知人が入院したときお見舞いに行くことがあります。
そのような時に一般的にはお見舞い金をお渡ししますが、ではその相場は一体いくらぐらいで、封筒はどのようなものを使用したらよいのか迷われる方もいるでしょう。
そこでここではお見舞い金に関するマナーについて紹介します。
まず金額に関してですが、入院の場合は何かとお金がかかるのでお見舞い金をいただくと助かると思われる場合が多いです。
そのため、何か品物を贈る場合でもお金を同封することで相手への配慮が感じられ、好印象に取られます。
では一体いくらぐらい渡すのが良いかというと、1万円以内が相場とされています。
もし家族や親戚などの近しい関係であれば1万円程度、友人ならば5千円程度、職場関係などであれば3千円程度が一般的な相場となります。

スポンサーリンク

 

次に使用する封筒に関してですが、封筒は左側に赤い線の入ったお見舞用の袋か、結び切りのものを使います。
蝶結びのものは繰り返すことを意味するので間違っても選ばないように気を付けなければなりません。
表書きには「御見舞」や「祈御回復」などと書きます。
中に入れるお札については、できれば新札を避けたほうが良いです。
旧札には新札を用意する暇もないほど急いで駆け付けたという意味が込められており、新札だとお葬式のときと同様にあらかじめ用意していたかのような印象を与えかねないからです。
そして封筒に入れる際にはお札を裏返すのは不幸事のようで悪い印象を与えてしまうため、普通に表向きに入れれば良いでしょう。
お見舞いの際には相手への配慮が最も求められます。
相手の気分を害してしまわないように最低限のマナーを覚えておくことが大切です。

スポンサーリンク