お見舞い品としてタブーなもの

スポンサーリンク

親戚や友人、知人が病気や怪我で入院した際にお見舞いに行くことがありますが、その際に持参するお見舞い品としてはお菓子などの食品や飲み物などがあります。
中でもお花を選ぶ方は多いですが、実はお花の中にはお見舞い品としてタブーなものがあります。
そこでここではお見舞いの際にタブーとされる花について紹介します。
まず1つ目が鉢植えのものです。
切り花より花を長く楽しめる利点がありますが、根付くという言葉から入院が長引くイメージを連想してしまい、お見舞い品としては良くありません。
また鉢植えでなくても花粉症のようなアレルギーが起こらないよう生花を禁止している病棟も最近では増えてきているため、生花を持参する場合には注意が必要です。

スポンサーリンク

 

2つ目が花のイメージや語呂合わせの悪いものです。
例えば菊の花はお彼岸やお葬式などの死のイメージを連想させるため病院に持っていくには良くありません。
またシクラメンも「死」や「苦」という語があることから語呂合わせが悪く、お見舞い品として好ましい花ではありません。
3つ目が赤や白色のものです。
赤は血の色を、白はお葬式を連想させる色であるため、病院に持ち込むのは良くないとされています。
ここで紹介したように、お見舞い品としてよく選ばれるお花でも、持参する際には注意すべき点がいくつかあります。
せっかくお見舞いに行ったのに相手の気分を害してしまうことのないよう、お花を選ぶ時にもし判断に迷った場合は、花屋でお見舞い用に作ってもらうように頼むのがよいでしょう。

スポンサーリンク