お見舞いのお返しをする前に亡くなった場合の方法

スポンサーリンク

お見舞いを頂いてお返しをすることなく亡くなった場合には、生前に頂いた感謝の気持ちを伝えるために、御見舞御礼としてお返しをするのが一般的です。
しかし、葬儀の後は何かと忙しい時間が過ぎて行くので、取り紛れてしまうことも少なくありません。
この場合には、弔事包装にするようにします。
実際に、この御見舞御礼の時期は、四十九日の法要後で白黒の結び切りにするのが一般的です。
または、香典返しに合算することもあります。
商品は、普通のお見舞い返しと同様に頂いた金額の3分の1から半分程度の品物を準備します。
適しているのは、食品、洗剤、石鹸などの消耗品です。
形に残る品物は避けるようにするのが基本的なマナーです。
香典返しと一緒にする場合には、香典返しの品物とは別のものを選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

 

御見舞御礼を贈る場合には、御礼状をつけるといっそう気持ちが込められ丁寧になります。
御見舞御礼として香典返しと一緒に贈る場合には、四十九日後に同時に2つの品物を配送するのが一般的な方法です。
意味合いが違うので、熨斗の書き方には充分注意をしましょう。
また、香典返しに含んで贈る場合には、先方から頂いたお香典に生前頂いたお見舞いの分を加味した金額で選びます。
こちらも、忌明けの挨拶状、お見舞い礼状の2つをつけるとより分かりやすく丁寧になります。
礼状をつけない場合には、挨拶状に「生前には御見舞いを頂きまして有難うございました。
」というような一言を書き添えることで、お見舞いの御礼も含んでいることが分かるので先方に対しても親切な対応になります。
亡くなった場合には、時間に追われ何かと忙しいものですが、お返しはこのような方法で行うことが可能だと言うことを知っておきましょう。

スポンサーリンク