親戚への「お見舞い金額」はどれくらいがいいか

スポンサーリンク

病気で入院したり、自宅療養をしている親戚や友人、知り合いがいるとします。
お見舞いに行くこともあると思います。
その際、お見舞いとして「現金」を渡す方もいるでしょう。
いったいいくら渡すべきか、迷うこともあるかもしれません。
「親戚なら一万円、友人なら五千円、知り合いなら三千円」みたいな目安を言う人もいます。
また、別の目安金額を言う人もいます。
でも、こういったお見舞い金のことよりも、「お見舞いに行ってあげた」という事実の方が、はるかに重要です。
お見舞いをされた人は、そのこと自体が嬉しいものです。
自分のために足を運んでくれたと思うと、きっと病気に立ち向かっていく勇気を得ることができます。
そういった「心遣い」「思いやり」こそが大切なのであって、お見舞い金やお見舞い品は付録のようなものなのです。
「本体」にこそ意味があり、「付録」にはたいして意味はありません。

スポンサーリンク

 

「お見舞いに足を運んだ」ということが最も大切なことですから、お見舞い金額に神経質になる必要は全くありません。
親戚や友人で額に差をつける必要もありませんし、もちろんつけてもいいのです。
そこにたいした意味はありません。
何事も誠意がとても大切であると思います。
お見舞いに行ったら、入院している人の負担にならないようにしつつ、そっと勇気づけ、元気づけ、話したがっていれば話に耳を傾けてあげることです。
他人の愛情や思いやりは、病気を改善する手助けになります。
病気を乗り越えていく勇気をもたらします。
言うまでもなく、お見舞い品などよりも、その方がはるかに重要です。
ですので、お見舞い金額やお見舞いの品を渡す場合は、無理をする必要は全くありません。
自分の財布が許す範囲内で十分です。
「物より心」というのは、いつでも真実です。

スポンサーリンク