お見舞い返しに最適なお菓子

スポンサーリンク

お見舞いを頂いたら退院後に一段落したら、お見舞い返しをするのがマナーです。
実際に、どんな品物が良いのか迷ってしまいますが、消耗品である石鹸、洗剤、タオルなどが良く選ばれます。
その他にはお菓子も最適です。
なぜならば、消耗品と同様に贈った後に食べてもらうことで無くなるものだからです。
お見舞い返しの品物は、一般的に無くなるものが妥当だとされているので、お菓子であれば価格帯も種類も豊富にあるので返って選びやすくなるメリットもあります。
頂いたお見舞い金の半額程度をお返しするのが、常識とされているので、5000円なら2500円程度のお菓子を選べば、まず、問題ありません。
そのためにも、商品を選ぶ際には品質の良いもので評判の高いものを選ぶ気配りを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

 

たとえば、銘菓と言われている商品や話題になっている商品を選ぶと先方にも配慮をしている気持ちが伝わるので、大変、喜ばれるお見舞い返しになります。
具体的な種類としては、日持ちのするものがどんな家庭にでも保存の心配をさせずに済むと言うメリットがあるので、クッキー、和菓子、せんべい、ゼリーなどがお勧めです。
あまりに賞味期限が短いお菓子を選ぶと、先方が留守の場合に困る可能性も出てきます。
デリケートな生菓子にすると、適温での管理が難しいので常温でも可能な商品を選ぶとお互いに気を使わずに済むと言うメリットもあります。
このような点に注意をしてお見舞い返しのお菓子を選ぶと、幅広い商品の中から絞り込みやすいので購入の際にも決めやすくなるのも安心です。

スポンサーリンク