お見舞い金の渡し方のマナー

スポンサーリンク

 病気や怪我で入院されている方にお見舞いを行う際には事前にお見舞いに関するマナーを確認しておくことが大切です。
入院している患者さんは身体的なことに加えて精神的にも不安を抱えています。
そのため基本的なマナーを守りつつも患者さんの状態に合わせて気を使わせないように臨機応変な対応を心がけることも大切です。
 お見舞い金の渡し方にもマナーがあるため確認が必要です。
お見舞い金の相場はおおよそ2000円から10000円とされています。
具体的に幾ら包むのが良いのかは、患者さんとの関係性にもよります。
家族や親戚など近しい関係の時には多く包み、職場関係など適度な距離を持つ場合は少なくします。
それはあまり金額が高くなると患者さんが申し訳なく思う場合があることや、退院後にはお見舞いのお返しをしなくてはならず却って患者さんの負担となる可能性が有るためです。

スポンサーリンク

 

 お金を包む封筒は左側に赤い線が入ったお見舞い用のものを使用します。
表書きには「お見舞い」や「回復祈願」、もしくは目上の方には「御伺」などとします。
お金は新札は避けた方がよいでしょう。
もし新札しかない場合には折り目をつけてお渡しすれば大丈夫です。
 お見舞い金の渡し方としてそのタイミングは、入院直後や手術の後すぐではなく、ある程度入院生活に患者さんが慣れてきた頃が適切です。
さらに実際にお見舞いに訪れたときにお見舞い金を渡すのは、患者さんと対面してすぐでもよいとされています。
その時の患者さんの状態によっては、面会時間を長くとることが難しく短時間で済ました方が良いこともあるためです。
お見舞い金を渡すときには相手を気遣う言葉を一言添えるといいでしょう。

スポンサーリンク