お見舞いのお返しの相場について

スポンサーリンク

病気や怪我が治ったら、快気祝いとしてお世話になった方やお見舞いに来てくださった方に感謝の気持ちを込めてお返しをするのが一般的です。
また全快ではなくても、退院して自宅療養となった場合には御見舞御礼として何かしらお返しをすることがあります。
しかしながら一体どれくらいが相場で、どのようなものを贈るのが良いか迷われる方もいるでしょう。
そこでここではお見舞いのお返しの相場や、おすすめの品物について紹介します。
まずお見舞いのお返しの相場としては頂いたものの半額程度が良いとされています。
あまり高額すぎるものは相手に気を使わせてしまいますし、逆に少額すぎるのも感謝の気持ちが伝わりにくく悪印象を与えてしまいます。

スポンサーリンク

 

次にどのような品物がを選ぶかについてですが、快気祝いには病気が後に残らないようにという意味を込めて、食べてなくなるものや洗い流せるものといった、後に残らないものが縁起が良いとされ、お返しの品としてよく選ばれます。
そのためお菓子や石鹸の詰め合わせのようなものを贈るのが良いでしょう。
特に会社関係で部署や課からいただいた場合は皆で分けられるようなものが望ましいです。
最近では健康志向の食用油や自然食品など健康に配慮したものが人気となっています。
ここで紹介したように、快気祝いにも金額や選ぶ品物などにある程度守るべきマナーがあります。
相手にしっかりと感謝の気持ちを伝えられるように、最低限のマナーを知っておくことが大切です。

スポンサーリンク