入院している親へ渡すお見舞い金額の相場とは

スポンサーリンク

 両親は当然ながら子供である自分よりも年齢が高いことから、必然的に病気や怪我による入院の可能性が大きくなります。
実際に入院となった場合には、たとえ近しい関係にある親ではあってもある程度のマナーや礼儀を念頭においた上で、お見舞いをするのが望ましいです。
 入院している親へお見舞い金を渡す場合にも、一般的にはある程度お見舞い金額の相場というものがあります。
入院に対して気遣うあまり高額のお金を渡してしまうと却って気を使わせてしまうという結果になりかねません。
そのときの状況に合わせた臨機応変な対応を心がけることが重要です。
マナーとして入院に際してお見舞い金額の相場は親の場合1万円から3万円程度とされています。

スポンサーリンク

 

 一般的な相場のマナー以外にも地域や兄弟や周囲の人との関係性、さらには両親の現在の経済状態などによっても実際に渡す金額は変わってきます。
そのことを周囲とよく相談した上で金額を決めることが大切です。
 また、お見舞い金には避けるべき数字とされているものが存在します。
それは、「4・6・9」といった数字です。
4は死、6は無、9は苦とも読むことができるからです。
「13」という数字も不吉と考えることがありますので避けた方がよいでしょう。
兄弟などで取りまとめて一緒に渡す場合には、合計の金額がこれらの数字にならないよう注意が必要です。
 この他にも渡すお札は新札を避けた方がよいとされています。
仮に新札しか持ち合わせが無いときには折り目を付けると使用することができます。

スポンサーリンク