上司にお見舞いをおくる場合の金額と相場

スポンサーリンク

一般的な会社関係でのお見舞い金の相場は3000円〜10000円ぐらいだといわれています。
上司であったり、部下であったりしても3000円であることが多いようです。
中には高額な金額をおくる方もいますが、受け取る側も非常に気を使ってしまうことが多いです。
お見舞いとは、何よりも気持ちが大切です。
長い入院生活では退屈していることも多いので、そんな時に話相手になったり、顔を見せてくれるだけでも患者さんは嬉しいものです。
この場合、たとえ上司であったとしても、そのことには変わりはないでしょう。
このようにお見舞い金額は気持ちの問題でもあるので、3000円〜10000円が妥当な金額の相場であるといえます。
変わりに品物をおくることも多いようです。

スポンサーリンク

 

会社関係の方が入院したときには金額の相場はなにかと気になることも多いです。
お見舞いに行っても、友人や家族のように気兼ねなく話すことも難しいのが実情でしょう。
仕事上の関係ならば、特にマナーや常識などが大切になります。
しかし、相手を心配したり、見舞う気持ちがあることが最も重要です。
お金をつつむことに抵抗があるならば、品物をおくることも良い方法です。
会社の上司に品物をおくる場合には、一万円ほどの患者さんが喜ぶようなものを選びましょう。
部下の場合には品物よりもお金をつつんだほうが喜ばれることが多いようです。
いずれにしろ、どんな立場であっても、相手を思いやる気持ちを忘れずにお見舞いすることで、誠意は伝わるでしょう。

スポンサーリンク