お見舞いで封筒に入れるお金の向きにも配慮をしましょう

スポンサーリンク

お見舞いをする際には、包む金額のお札を準備し封筒を選びます。
一般的に祝儀袋か白の無地封筒を使います。
出産見舞いの時は蝶結びの水引を、病気見舞いの時には紅白の結びきりを選びます。
裏側には、自分の名前と住所を記載し、中袋がない場合には金額も記載します。
そして、封筒に入れる際にはお金の向きを意識せずに入れてしまうことが多いのですがその点にも注意をしましょう。
これは決まっているマナーですが、意外と忘れがちで何気なくお金の向きを気にせず入れてしまうので、お見舞いを贈る相手もこう言ったマナーを気にする方は気にするので出来る限り配慮をするようにしましょう。
せっかく贈るお見舞いの気持ちを配慮を欠いたことで相手に不快感を与えないためにも守るようにするのが賢明です。

スポンサーリンク

 

具体的にお見舞いで封筒にお金を入れるために、まず、全てのお札の向きを揃えましょう。
あっちこっちお金の向きが異なっていると、雑多な印象になり相手への誠意が無いようにも感じられるからです。
きちんと揃えて入れることで受け取る相手が気持ちよく真心のこもったお見舞いだと感じられるようになるので、大切な心配りです。
そしてお金の向きを表向きに入れることも意識しましょう。
裏向きに入れるのは、御香典の場合です。
それから、出産見舞いは慶事であり以前から知っていて期待を込めて準備をしていたことを示すため、新札を入れます。
一方、病気見舞いは慶事ではないため、新札か美しいお札を選んで入れます。
封筒にお金を入れる際には、充分な注意をすることを意識する習慣をつけるようにしましょう。

スポンサーリンク